▼最新話が新登場!▼


その日の深夜…

 

大浴場でのぼせてしまっていた勇太は救護室で目を覚ます。

 

尾形保奈美に飲まされたホルモン剤の影響で、いまだにおっぱいが大きいままだった。

 

そんな姿のままだったので何の抵抗もなくおしっこをしに女子トイレに向かった。

 

なんとそこにはすっぴんで前髪を縛り上げているルナがいた。

 

いつもとはまた違った雰囲気に勇太はドキドキさせられる。

 

 

俺得修学旅行33話 深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(2)画像・ネタバレ・あらすじ

 

 

勇太の存在に気付いて、ルナに質問される。

 

勇太、なんで女子トイレなんかに行く必要があるんだ??

 

焦る勇太。

 

え…いや、だってそのー… 一応女子で通っているから、、

 

洗面所で洗顔しながら質問するルナ姉。

 

すっぴんでもその可愛さは変わらない。それどころかより可愛く見えてしまうのだった。

 

するとルナは、

 

あっ!そうだ勇太、お前今度から姉貴のフリをする必要はなくなったよ!!

 

学園裁判の結果を勇太に報告した。

 

お前が勇太だってことは全員納得してみんなにもうバレてるから・・・あと、お前の姉ちゃんも厳重注意だけで済みそうだよ!

 

そう勇太に聞いて安堵の気持ちがこみ上げてきた。

 

テンションの上がった勇太は

 

まじっすか~!よかった、退学処分にならないんだ~♪でも、これで終わりだと思うとなんか寂しいですよね・・・あ!そうだ!帰ったら今度またどこか遊びに行きましょうよ!!

 

とルナに提案する。
しかしルナの反応は意外なものだった。。

 

なんで??

 

勇太よく考えてみろ、今までのことを綺麗さっぱり忘れてすべてなかったことにしようって決めたんだぜ、それなのに、お前と一緒に遊んでたらおかしいだろ!!だからお前も忘れろ

 

焦る勇太

 

そんな…ルナ姉にもう会えないなんて嫌だ!

 

そういうとルナの背後から乳首をつまんでコリコリした。

 

俺得修学旅行33話 深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(2)画像・ネタバレ・あらすじ

 

じゃあオマン〇を触って濡れてなかったら忘れるってのは??

 

好きにしろ…

 

ルナの返事を聞くと勇太は後ろからマン〇に手を伸ばしてスジに手を押し当てた。

 

言葉とはうらはらにルナのマン〇はびしょびしょに濡れていた。

 

これで最後だからな…すっきりしたら きれいさっぱりうちのことは忘れろよ・・・

 

そして勇太のアソコを優しく口に含み始めた。

 

 

俺得修学旅行33話 深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(2)画像・ネタバレ・あらすじ